【黒潮ロードレース】大会特別規則(訂正版)

 

黒潮ロードレース_規則2017_4.3訂正版.pdf

 

2017黒潮ロードレース

大会特別規則

 

 
   
第1条(黒潮ロードレース)   
黒潮ロードレースは、日本自転車競技連盟競技規則(以下JCF規則とする)ならびに本大会特別規則により、主催 NPO法人 SPORTS PRODUCE 熊野、後援 全日本実業団自転車競技連盟として開催する。  
   
第2条(大会期間)   
 大会期間は2017年6月2日(金)から6月4日(日)までの3日間。  
   

*6月2日(金)新宮大会

赤木川清流コース(スタート時刻 9:31)  32.6kmロードレース(16.3km×2周) 
熊野川温泉さつき前~赤木橋~旧赤木小学校~長井トンネル~小口トンネル~渡月橋~小口自然の家~小口トンネル~長井トンネル~旧赤木小学校~赤木橋~熊野川温泉さつき前 
   
*6月3日(土)熊野市大会 
熊野山岳コース(スタート時刻 10:41)  45.8kmロードレース(+2.0km移動) 
熊野倶楽部~スタート~国道311号~新田トンネル~風伝トンネル~紀和信号~小川口トンネル~紀和信号~千枚田頂上~風伝トンネル~新田トンネル~金山交差点(右折)~熊野倶楽部 
   

*6月4日(日)くじらの町のロードレース
太地半島周回コース(スタート時刻 9:19)  20.0kmロードレース(10.0km×2周) 

くじら浜公園~あたみ三叉路~役場前~駐在所~紀陽銀行~平見三叉路~梶取崎分岐~平見台公園~南紀園前~太地小学校(右折)~紀陽銀行(左折)~駐在所(左折)~本浦三叉路(右折)~常渡三叉路~くじら浜公園 
   
第3条(選手資格)   
 <資格>  
 (1)2017年度(公財)日本自転車競技連盟競技者登録者及び

未登録の高校生以上の男女(登録未登録を問わない)  
 (2)新宮大会のレースにおいて、審判が適当と認めたもの。  
   
 <競技規定>  
 (1)すべてのレースでチェックポイントでのタイムアウトを実施する。  
 (2)タイムアウトとなった選手は直ちに競技を中止し、審判員の指示に従ってコースから出ること。  
 (3)競技参加以前に安全点検・車両整備を実施している自転車を使用すること。  
 (4)(財)日本自転車競技連盟公認のヘルメット(JCFシール付き)を着用すること。  
 (5)競技中は手袋を着用すること。  
 (6)審判員及び医務員から、競技の中止を命ぜられた場合、その指示に直ちに従うこと。  
 (7)他の競技者を押したり、割り込みや走路を横切る等の走行妨害をしたものは失格となり、直ちにコースから除外する。  
   
第4条(個人区間順位、時間)   
 集団スタートのステージ  
  フィニッシュラインにおける着順によって決定する。 
  競走中に違反行為があった場合は、降格、失格の対象になる。 
  区間完走時間は秒以下を切り捨てた秒単位で発表される。 
  同一集団には同じ区間完走時間を与える。 
  選手のゴール通過時刻で1秒以上の差がある場合、後続選手に新しいタイムを与える。 
   
第5条(個人総合時間順位)   
 個人総合時間順位は、各ステージの個人区間時間の総和にペナルティタイム、ボーナスタイムを加減して得た時間により決定する。  
 個人総合時間において最短の者を優勝者とし、以下短い順位につける。  
 個人総合時間には秒単位で表示する。  
 個人総合時間において同等の者があった場合には、各レースの着順を合計し、より少ない者を優位とする。  
 さらに決定しない場合には、その時点での最終レースの着順とする。  
   
第6条(ボーナスタイム)   
 全レースの1位~3位までの競技者にそれぞれ、10秒、6秒、4秒のボーナスタイムを与える。  
   
第7条(くじらの町のロードレースにおいて)   
 スタートフィニッシュラインと平見台公園において先頭より5分遅れた選手は、コミッセールにより競技を中止させる。  
   
第8条(全ステージにおいて)   
 最後にゴールした選手のタイムに、DNSは20分、DNFは10分のペナルティータイムを加算して完走扱いとする。  



TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ